HOME>一般公演向け企画>ピアノ×カホン

ピアノ×カホン

  • ハイパー・インストゥルメンタル

    →Pia-no-jaC←


    楽器の枠を超越した、熱く心躍るビート!

    ピアノと、カホンという箱型パーカッションのみで、世界を圧倒するステージを繰り広げているハイパーインストゥルメンタルユニット。2018年、デビュー10周年を迎えました。
    200%全力のハイパー演奏、サービス精神旺盛な、目で見て楽しめる演出も盛り沢山!驚愕・感動・興奮・爆笑、全て最大級のステージ!ご期待ください。

    演奏曲目例

    美しく青きドナウ・ベートーヴェン「第九」・主よ、人の望みの喜びよ
    ミッションインポッシブル・ミッキーマウスマーチ
    ほかオリジナル作品・アレンジ作品

    編成

    ピアノ カホン

    プロフィール
    →Pia-no-jaC←(ピアノジャック)

    2005年4月結成。
    HAYATO(Piano)、HIRO(Cajon)の二人で構成されるインストゥルメンタルユニット。
    →Pia-no-jaC←についている矢印は、左から「Piano/ピアノ」、右から「Cajon/カホン」と読ませるためのもの。「ピアノとカホン、二つの楽器でライブ空間をジャックする」という意味が込められている。
    鍵盤と打楽器だけというシンプルな構成ながらも、力強く激しいピアノの旋律と独特な存在感をもつカホンの音色がせめぎ合うスリリングかつ重厚な演奏はオーケストラ並みの迫力。ジャズでもクラシックでもない、「ハイブリッド・インストゥルメンタル」という斬新なジャンルを確立した。
    これまでに、16枚のオリジナルアルバムをリリース。毎年国内外でコンサートツアーを実施。
    →Pia-no-jaC←サウンドは、CM、テレビ番組・ラジオ等でも使用されており、広く親しまれている。