HOME>全演目ラインナップ>オーケストラ

オーケストラ

  • TV朝日「題名のない音楽会」でもおなじみ 日本有数の実力派

    東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

    東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

    エネルギッシュで情感に溢れた演奏が魅力

    1975年に設立されたプロフェッショナルオーケストラ。
    年間100回を超える公演は、定期演奏会を柱に、オペラ、バレエ、テレビ出演、CD録音、学校公演など多岐に渡っており、各方面からの信頼が厚い楽団です。
    2015年に創立40周年を迎え、ますますアグレッシブに演奏活動を展開中です。

  • あのロック歌手「スティング」と東京ドームで、布袋寅泰と武道館で共演!

    東京ニューシティ管弦楽団

    東京ニューシティ管弦楽団

    「いつも なにかが あたらしい」がテーマ
    クラシック以外でも大活躍中の、チャレンジ精神旺盛な生命力あふれる楽団

    定期公演年7回の活動をベースに、年間130回を超す公演を開催するなど、精力的に活動の場を広げている楽団です。
    作曲家の生きていた時代の奏法を研究し、演奏に取り入れるなど、
    世界に先駆けた画期的な演奏会を開催しているのは、ニューシティならではの大きな特徴です。
    メディアやポピュラーシーンでの活躍も目覚ましく、クラシック界にとどまらない、多くの方々から親しまれている楽団です。

  • 格式高く、洗練された演奏

    東京交響楽団

    東京交響楽団

    音楽雑誌での日本のオーケストラ ランキングにおいて、
    最高位に位置付けられた楽団

    2011年に創立65周年を迎えたオーケストラ。そのしなやかな歌と柔らかな響きで、客席を酔わせる魅力的な楽団です。
    毎年シーズンテーマを捉えた定期演奏会は常に音楽関係者から熱い視線を注がれています。
    受賞歴も多数あり、2009年リリースの「ブルックナー:交響曲 第7番」は「クラシック部門録音・録画作品賞」と「オーディオ部門録音・録画賞」の2 部門を受賞し、2 年連続の受賞に各界から一気に注目を集めました。
    学校公演にも力を入れており、各地で好評を博しています。
    ※学校公演においては、単一学校での開催はお取扱いしておりません。
    ※詳しくはお問い合わせ下さい。

  • 日本を代表する、ハイクオリティオーケストラ

    東京フィルハーモニー交響楽団

    東京フィルハーモニー交響楽団

    2011年、創立100周年を迎えた伝統と風格ある楽団

    2010年、ベルリン国立歌劇場やメトロポリタン歌劇場をはじめ、
    世界の楽壇で活躍するダン・エッティンガーが常任指揮者に就任。
    劇場とシンフォニー・コンサートの両輪で活躍する東京フィルの伝統を継承し、新たな創造と芸術的高みをめざし、新時代へと展開しています。
    160余名の楽員を擁し、日本で初めてシンフォニー・オーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せ持つオーケストラとして定期演奏や「午後のコンサート」などの自主公演や、新国立劇場を中心としたオペラ・バレエ演奏、「名曲アルバム」「FMシンフォニー」といったNHKの放送活動などを行い、高い評価を集めています。
    ※詳しくはお問い合わせ下さい。

  • 80年に及ぶ歴史と多くの実績を誇る楽団

    東京室内管弦楽団

    東京室内管弦楽団

    「求められる演奏活動」を掲げた斬新な企画を、積極的に展開中

    1928年創立の伝統と実績ある管弦楽団です。
    クラシックだけでなく、独自の編曲による映画音楽をはじめ、タンゴ・ポップス等を中心とした「ポップスコンサート」や、
    クラシック以外のアーティストとのコラボレーションなどいち早く採り入れたオーケストラであり、ポピュラー音楽においても幅広く活躍しています。
    既成の枠にとらわれないプログラミングと一流の演奏家陣による演奏は、高い評価を得ています。
    自主公演、学校公演、TV出演、放送・レコーディング、イベント、儀典演奏などその活動範囲は多岐に渡っています。

  • 教育的なプログラムに積極的に取り組む楽団

    日本ニューフィルハーモニック管弦楽団

    日本ニューフィルハーモニック管弦楽団

    老舗オーケストラによる「学生向け」プログラム

    1979年創設の歴史あるオーケストラ。聴き馴染みのあるオーケストラの名曲で綴る演奏会を数多く開催し、初めての方にも優しい公演内容が人気を得ています。
    TV朝日「題名のない音楽会」、青少年のためのコンサート、オペラ、バレエなど多彩なシーンで数多くの演奏実績があるほか、教育委員会主催のスクールコンサートも多く展開しています。フルオーケストラのメンバーが在籍しているため、13名からのミニオーケストラから80名規模のフルオーケストラまで、様々な編成でのご提案が可能です。

  • オーケストラをギュっと凝縮

    京都フィルハーモニー室内合奏団

    京都フィルハーモニー室内合奏団

    うたとオーケストラ 個性的で楽しい編成

    1972年結成のプロ・ミニオーケストラ合奏団です。
    定期公演、特別公演、室内楽コンサート、子供のためのクラシック入門コンサート等を主催すると同時に、各地のホール主催事業・教育委員会主催学校公演・テレビ・ラジオ・芸術祭等に多数出演しています。
    「クオリティは高く、ステージは楽しく」というポリシーを持った通称「京フィル」は、クラシック音楽の他に様々なジャンルの音楽もセンスある編曲を施して演奏し、多くの聴衆を魅了しています。
    活動の柱としている学校音楽鑑賞会では延べ2900校、170万人以上の子どもたちに楽しい音楽を届け続けています。

  • 「オーケストラがやってきた!」

    セントラル愛知交響楽団

    セントラル愛知交響楽団

    多彩な編成・豊富なレパートリーであらゆるシーンに応える楽団

    2013 年に創立 30 周年を迎えた愛知県名古屋市を拠点とする楽団。
    オリジナリティあふれる独自構成のプログラム、幅広いレパートリーを活かした学校公演、 演奏者と聴衆の距離を縮めるような室内楽公演にも積極的に取り組み、年間約100回の公演はいずれも好評を博している。

  • 音も心も垣根を越えて

    日本センチュリー交響楽団

    日本センチュリー交響楽団

    多彩な編成・豊富なレパートリーであらゆるシーンに応える楽団

    日本センチュリー交響楽団は 1989 年に活動を開始し、首席指揮者に飯森範親、首席客演指揮者にアラン・ ブリバエフを迎えて多彩な活動を行っています。
    「優れた演奏により地域の力を発信する」「オーケストラによる感動と癒しを提供する」「優れた才能を発掘 し次世代の育成に寄与する」「国際相互理解や平和に積極的に貢献する」の4つの理念をもとに、演奏を通 して多くの人々の心に明るい夢が広がることを願い、新しい時代のオーケストラとしての発展を目指し活動 しています。