HOME>中・高生向け企画>オーケストラ/吹奏楽団

オーケストラ

  • TV朝日「題名のない音楽会」でもおなじみ 日本有数の実力派

    東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団


    エネルギッシュで情感に溢れた演奏が魅力

    定期演奏会、オペラ、バレエなど年間100回を超える演奏会を開催し、
    精力的な活動を展開しているオーケストラ。TV朝日系列「題名のない音楽会」に出演する楽団としても有名です。
    学校公演においては、文化庁主催「文化芸術による子供の育成事業」に採択されているほか、全国各地の小・中・高等学校で多くの演奏会を行っており、いずれも好評を博しています。
    クオリティ高い演奏、明るい楽団の雰囲気、親しみやすいプログラムなど、オーケストラを初めて鑑賞する方にも適した楽団です

    プログラム例
    歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
    楽器紹介&セクションごとのアンサンブル
    [弦楽器] 四季より≪春≫Ⅰ(Vn.Featuring)
    [木管楽器]アルルの女よりメヌエット(Fl.Featuring)
    [金管楽器]笑うトロンボーン(Trb.Featuring)
    [打楽器]剣の舞(Xyl.Featuring)
    仮面舞踏会よりワルツ
    カヴァレリア・ルスティカーナ 間奏曲
    交響曲 第5番「運命」第1楽章
    スターウォーズのテーマ
    吹奏楽部or合唱部との共演コーナー
    または 指揮者コーナー
    ディズニーメドレー

    ※上記は一例です。ご希望に応じたプログラミングを致します。
    ※弦・管楽器・打楽器・ピアノのソリストなどを迎えるコンチェルト企画もあります。

    編成

    指揮1名 楽団員44名~ ※室内楽編成を組むことも可能

    プロフィール
    東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

    1975年設立。 85年、テレビ朝日『題名のない音楽会』 20周年記念演奏会に出演して絶賛され、94年には日本音楽コンクール(毎日新聞社、日本放送協会主催)より オーケストラとして初めて特別賞を贈られた。
    また、『ローエングリーン』では三菱信託音楽賞奨励賞を受賞。
    年間100回を超える公演は、定期演奏会および特別演奏会を柱に、オペラ・バレエ公演やポップスコンサート、映画音楽、CD録音、音楽鑑賞教室まで多岐にわたる。
    海外公演は、ヨーロッパ各国、アジア各国、ロサンゼルス・サンフランシスコなど積極的に取り組み、音楽を通じての各国相互交流事業の一翼を担っている。
    テレビにおいては、テレビ朝日『題名のない音楽会』を通じてその新鮮な魅力溢れる演奏を披露し、日本全国で好評を博している。
    2012年4月より、宮本文昭が音楽監督に就任し、情熱的な演奏を繰り広げた。
    2015年に創立40周年を迎え、同年4月より常任指揮者に高関健が就任。これからの活躍が最も期待されているオーケストラである。


  • あのロック歌手「スティング」と東京ドームで、布袋寅泰と武道館で共演!

    東京ニューシティ管弦楽団


    「いつも なにかが あたらしい」がテーマ
    クラシック以外でも大活躍中の、チャレンジ精神旺盛な生命力あふれる楽団

    年間130回を超す公演を開催するなど、精力的に活動を展開している楽団です。
    作曲家の生きていた時代の奏法を研究し、演奏に取り入れるなど、
    世界に先駆けた画期的な演奏会を開催しているのは、ニューシティならではの大きな特徴です。
    学校公演においても非常に実績が豊富で、ニーズに応えるプログラミングや、
    1人1人の実力の高さに好評をいただいています。
    メディアやポピュラーシーンでの活躍も目覚ましく、クラシック界にとどまらない、
    多くの方々から親しまれている楽団です。

    プログラム例
    歌劇「ウィリアム・テル」序曲より“スイス軍の行進”
    オーケストラの仕組みと楽器紹介
    [弦楽器]プリンク・プレンク・プランク
    [木管楽器]白鳥の湖より「四羽の白鳥の踊り」
    [金管楽器]聖者の行進(打楽器と一緒に)
    バレエ「ガイーヌ」より 剣の舞
    歌劇「カルメン」より
    劇音楽「ペールギュント」より
    お楽しみ!指揮者コーナー
    映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」テーマ

    ※上記は一例です。ご希望に応じたプログラミングを致します。
    ※弦・管楽器・打楽器・ピアノのソリスト・バレエダンサーなどを
    迎えるコンチェルト企画もあります。

    編成

    指揮者1名 楽団員40名~

    プロフィール
    東京ニューシティ管弦楽団

    1990年に音楽監督・常任指揮者に内藤彰を擁し設立。定期演奏会のほか、名曲コンサート、オペラ・バレエとの共演、音楽鑑賞教室、レコーディングなど幅広く活躍しています。
    オペラの分野では特に評価が高く、二期会、藤原歌劇団のオペラ公演のほか、海外からの著名なオペラ歌手との共演においても数多くの実績があります。
    また、バレエの分野では、国内の主要バレエ団のほか、英国バーミンガム・ロイヤルバレエ団、ミラノスカラ座バレエ団、シュトゥットガルトバレエ団、モンテ・カルロバレエ団、ロシア国立レニングラードバレエ団、アメリカンバレーシアターなど、海外からのバレエ団の日本公演にもこれまで数多く出演しました。
    桂三枝、三枝成彰、中島啓江等を迎えてのファミリーコンサートや、Jリーグ・アウォーズ、さだまさし、平原綾香などポピュラー音楽の分野でも大変評判がよく、多くの方々から親しまれています。2011年より日本オーケストラ連盟正会員。


  • 新しい「感動」と出会えるオーケストラ

    東京室内管弦楽団


    受け継がれた伝統を守りながら、
    「求められる演奏活動」を掲げた斬新な企画を、積極的に展開中

    90年に及ぶ伝統と、多くの実績を持つ管弦楽団。
    特色は、クラシックの管弦楽曲はもとより、独自の編曲による映画音楽や、タンゴ・ポップスなどを中心とした「ポップスコンサート」や注目のアーティスト(秋川雅史、ズーラシアンブラス、溝口肇、純名里沙など)と、コラボレーション企画に取り組むなど、斬新なテーマで特徴を持ったコンサートづくりをいち早く採り入れたオーケストラとして幅広く活躍しています。
    また、TV放送開始当初より、NHK・TV学校向け番組・FMなどでも活躍。学校公演は1964年から展開し、そのパイオニアとして、現在も信頼と高い評価を得ています。

    プログラム例
    歌劇「セヴィリアの理髪師」序曲/ロッシーニ
    フィーチャリング演奏(楽器紹介と共に)
    [木管楽器] クラリネットキャンディ(Cl)
    [金管楽器] 星に願いを(Tp)
    [打楽器] 剣の舞(Xyl)
    [弦楽器] 四季より春 第1楽章(弦楽合奏)
    アルルの女 第2組曲「ファランドール」/ビゼー
    皇帝円舞曲/ヨハン・シュトラウスⅡ
    お楽しみ指揮者コーナー
    ゲスト・ソリストとの共演 2~3曲
    [ヴァイオリン] ツィゴイネルワイゼン ほか
    [チェロ]リベルタンゴ  ほか
    [ソプラノ歌手] 喜歌劇「こうもり」より
    “侯爵様、あなたのようなお方は” ほか
    パイレーツ・オブ・カリビアンのテーマ/デパルト
    スパイ大作戦のテーマ/ラロ・シフリン

    ※上記は一例です。ご希望に応じたプログラミングを致します。
    ※弦・管楽器・打楽器・ピアノのソリストなどを迎えるコンチェルト企画もあります。

    プロフィール
    東京室内管弦楽団

    1928年設立以降、全国の学校を対象に<オーケストラ鑑賞教室>を展開。多くの地域・機関・学校で好評を得ており音楽鑑賞教室・教育演奏活動のパイオニアとして教育界で現在も高い評価を受けています。
    1968年には日・琉・米親善文化使節として、民間のオーケストラとしては戦後初の日・琉・米公演を行い、1975年には日・比親善公演を行うなど、その活動は高い評価を得ています。
    その他、自主公演、共催公演をはじめ、年間およそ80余の依頼演奏を開催。メンバーは主として、国際・国内コンクール入賞者、国内・海外有名オーケストラでの経験者、音楽大学、専門課程で教職にある演奏家、現在活躍中のきわめて評価の高い演奏家らで編成されています。
    また、特に将来活躍が期待されている若手指揮者・演奏家(国内・海外)の起用・育成をはじめ、演奏内容により多くの客演奏者(海外招聘など)を交え演奏に臨んでいます。




吹奏楽団

  • 世界が認める、管楽オーケストラの最高峰

    東京佼成ウインドオーケストラ


    演出、選曲、演奏の姿勢、全てがプロフェッショナル

    50年以上の歴史を持つ、日本有数の大編成管楽オーケストラ。
    国内のみならず、海外でも数多くの演奏会を行うなど、日本の音楽シーンをリードし続けている楽団です。
    柔らかな音色と深みある表現力、
    洗練されたテクニックは「吹奏楽のウィーンフィル」と比喩されるほど、絶賛されています。
    また、長年、全日本吹奏楽コンクール課題曲の模範演奏を担当してきた佼成は、吹奏楽に携わる方にとって、憧れの楽団でもあります。これまでに圧倒的な数のCDをリリースし、日本レコード大賞 企画賞や、ゴールドディスク大賞などの受賞歴もあります。
    学校公演の実績も非常に豊富で、よく練られた司会・進行、そして楽しい演出、クラシックだけでなく、
    ポップス、洋楽、ラテンなど、幅広いジャンルの音楽で構成されるプログラムが大好評です。

    プログラム例
    フラッシング・ウインズ
    勇者のマズルカ
    たなばた
    Everything’s Coming up Roses
    チャルダッシュ
    指揮者にチャレンジコーナー
    ブラバンAKB48!スペシャルメドレー

    ※上記は一例です。ご希望・編成に応じたプログラミングを致します。
    ※生徒さんとの共演コーナーも設けられます

    編成

    指揮者1名 楽団員36名 ※楽曲により、多少の人数の増減の可能性があります。

    プロフィール
    東京佼成ウインドオーケストラ

    1960年、「佼成吹奏楽団」として結成、その後1973年に「東京佼成ウインドオーケストラ」と改称する。
    歴代常任指揮者に汐澤安彦氏、宇宿允人氏、平井哲三郎氏、フレデリック・フェネル氏、ダグラス・ボストック氏が名を連ね、2012年までポール・メイエ氏が首席指揮者を務めた。
    2014年からは新たに大井剛史氏を正指揮者、藤野浩一氏をミュージック・アドバイザー、そしてトーマス・ザンデルリンク氏を首席客演指揮者に迎えた。
    定期演奏会をはじめ各地での公演、学校音楽鑑賞教室、福祉訪問コンサート、バンド・クリニック、各種レコーディング、CD出版などを数多く行っている。
    2010年には創団50周年を迎え、記念のヨーロッパ公演を催す。その際、トルコにも立ち寄り、日本とトルコの友好関係120周年を記念して実施された「2010年トルコにおける日本年」事業
    にも参加、公演を行い両国友好の架け橋の一端を担った。
    2011年7月、台湾・嘉義市で開催された「第15回世界吹奏楽大会(略称:WASBE)」へメイエ氏と共に招待され公演を行い、聴衆や各国の吹奏楽指導者に絶賛された。 同年6月と12月には東日本大震災復興応援プロジェクトとして、東北各地で公演を行い被災地の方々に元気と希望を届けた。
    また、テレビ朝日系列「題名のない音楽会」やNHK-Eテレ「ららら♪クラシック」、NHK-BS「クラシック倶楽部」、NHK-FM「吹奏楽のひびき」等のメディア出演も積極的に行っている。2013年末から、NHK『明日へ』東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」プロジェクトに協力している。


  • 半世紀を超える歴史 日本初のプロ吹奏楽団

    東京吹奏楽団


    日本トップクラスの演奏家陣による、抜群の一体感が魅力

    半世紀を数える歴史と実績を持つ、日本初のプロ吹奏楽団。
    ベテランプレイヤーを中心に展開する、パワフルで、心一つに演奏するステージは伝わるものがあります。
    全員の力を結集させて盛り上げるステージは迫力満点、吹奏楽の醍醐味を伝えてくれる、
    学校公演に大変適している楽団です。
    クラシック、ジャズ、ラテン、旬のポップスなど幅広いジャンルの曲から、
    ニーズに合わせてプログラムを構成致します。

    プログラム例
    ブロックM
    組曲「惑星」より 木星
    楽器紹介とフィーチャリング
    [クラリネット]クラリネットキャンディ
    [サックス]サックス四重奏
    [トランペット]トランペット吹きの休日
    [パーカッション]ボディ・パーカッション
    たなばた
    カルメン組曲より
    夢の指揮者コーナー
    人気のJ-POPから
    アフリカン・シンフォニー
    ラテンメドレー

    ※その他、映画音楽、ジャズ、アニメソングなどを組み入れることも可能です。

    編成

    指揮者1名 楽団員30名~ ※30名以下の小編成も組むことができます。

    プロフィール
    東京吹奏楽団

    1963年(昭和38年)に日本で初めてのプロ吹奏楽団として創立。
    以来、定期演奏会や特別演奏会のほか、放送、レコーディング、音楽鑑賞教室など、日本の吹奏楽の発展に情熱を注いで活動をし続け、『東吹-とうすい-』の愛称で広く親しまれると共に、日本の吹奏楽の発展に貢献し続けている。
    1993年には長年にわたる演奏活動と、吹奏楽界に対する功績に対し、日本吹奏楽学会より「第3回日本吹奏楽アカデミー賞」(演奏部門)を受賞。
    2012年には韓国国際ウインド・バンド・フェスティバルに招待され、指揮フィリップ・スパーク氏と共演、好評を博す。
    「親しみやすく、愛される吹奏楽団」をモットーとする東吹は2013年に創立50周年を迎えた。


  • 話題と期待を一身に集める人気の楽団

    SIENA WIND ORCHESTRA
    -シエナ・ウインド・オーケストラ-


    ダイナミックで躍動感あふれる演奏

    テレビでもおなじみの世界的指揮者・佐渡裕氏を首席指揮者に擁する、大人気吹奏楽団。
    佐渡氏が以前に司会を務めていたテレビ朝日系列「題名のない音楽会」においては、持ち前のユニークなパフォーマンスで番組史上最高視聴率を記録するなど、様々なシーンで注目度の高い団体です。
    シエナの演奏の魅力は、見た目にも音楽を楽しめるような演奏アクトと、躍動感あふれる演奏。
    曲間では会場中を巻き込んで楽器紹介を面白おかしく展開するなど、聴衆を大いに沸かせ、学校公演でも大変好評を博しています。

    プログラム例
    キャンディード序曲
    楽器紹介~口笛吹いて働こう~
    ロンドンデリーの歌
    セドナ
    交響詩「フィンランディア」
    アルメニアンダンス・パートⅠ
    アンダーソン・ポートレート
    今日はあなたが指揮者!コーナー
    ラテンフィエスタ!

    ※上記は一例です。ご希望、編成に応じたプログラミングを致します。
    ※生徒さんとの共演コーナーも設けられます

    編成

    指揮者1名 楽団員38名~

    プロフィール
    SIENA WIND ORCHESTRA
    シエナ・ウインド・オーケストラ

    1990年に結成されたプロフェッショナルのウインド・オーケストラ。現在、文京シビックホールを拠点に演奏活動をしており、定期演奏会のほか音楽鑑賞教室等の青少年育成事業への出演、また各アンサンブルユニットによるコンサートや管楽器クリニック等を積極的に展開。2002年より佐渡裕を首席指揮者に擁し、最近では宮本文昭、宮川彬良など多彩な指揮者を客演に迎えている。また、テレビ朝日系列「題名のない音楽会」に多数出演し、持ち前のユニークなパフォーマンスで毎回好評を得るなど、メディアからも注目される存在となっている。2010年10月から東京都文京区と事業提携を結び、地域や教育機関と密着した活動も積極的に展開している。2010年度第21回吹奏楽アカデミー賞を受賞。CD・DVDも多数収録しており、最近では、大人気の吹奏楽曲作曲家、ヤン・ヴァン・デル・ローストとの共演など吹奏楽スタンダード作品から、アニメ、スタジオジブリ、ゲーム、AKBなどのポップス系まで幅広くリリースし、話題を呼んでいる。


  • サービス精神旺盛、バラエティ豊かな極上吹奏楽

    Osaka Shion Wind Orchestra


    個性×チームワーク×大阪のノリ 絶妙なバランスで魅せます

    大阪を拠点として活躍を続ける吹奏楽団「Shion」。
    2014 年 4 月、楽団自らの意思で民営化することになったのをきっかけに「Osaka Shion Wind Orchestra」 として誕生しました。音楽監督に「マツケンサンバ」でお馴染みの宮川彬良氏を擁し、「見て、聴いて、一 緒に」楽しい演奏会をモットーに活動。“日本3大吹奏楽団”とも称される Shion による、大阪らしさが爆 発するステージを体感できる機会は大変貴重です。進化し続ける「本物の音」を聴いて味わい、参加して楽 しみ、オンリーワンの演奏会を一緒に創り上げましょう!

    プログラム例
    威風堂々
    吹奏楽のための小狂詩曲
    指揮者体験コーナー
    Fun, Fun, Fantastico !
    宇宙戦艦ヤマト
    ゲバゲバ 90 分
    久石 譲 作品集メドレー
    見上げてごらん夜の星を
    吹奏楽部 や ダンス部との合同演奏
    情熱大陸のテーマ

    ※上記は一例です。ご希望・編成に応じたプログラミングを致します。

    編成

    楽団員39名 指揮者1名※楽曲により、多少の人数の増減の可能性があります。

    プロフィール
    Osaka Shion Wind Orchestra
    (旧:大阪市音楽団)

    1923 年(大正 12 年)に誕生した、日本で最も長い歴史を持 つプロの交響吹奏楽団。
    各都市での演奏会や吹奏楽講習会な ど、幅広い活動を通して音楽文化の向上と発展のために力を 注いでいるほか「全日本吹奏楽コンクール課題曲の模範演奏」 「センバツ高校野球大会入場行進曲の演奏」など、 日本を代表する吹奏楽団として多方面で活躍。(全日本吹奏楽 コンクールの課題曲の模範を演奏しているのは、Shion と佼 成ウインドオーケストラの2団体のみ)
    これまで 3 度の大阪 文化祭賞、日本民間放送連盟賞、日本吹奏楽アカデミー演奏 部門賞、大阪芸術賞、なにわ大賞を受賞。
    大阪市民の楽団と して親しまれてきた市音は、2014 年 4 月に「一般社団法人 大 阪市音楽団」として民営化。演奏機会のフィールドを広げ、 さらなる活躍を目指す。宮川彬良が音楽監督、秋山和慶が芸 術顧問に就任。


  • 吹奏楽界でいま話題沸騰!

    ぱんだウインドオーケストラ


    新時代ウインドオーケストラの登場です

    2011年に当時の東京藝術大学の現役学生で結団。そのメンバーを中心として進化を続け、卒業後プロフェッショナル楽団としての活動を開始しました。確かな才能と磨かれた技術、眩しいほどの若々しさに満ちた勢いのある演奏が瞬く間に注目を集め、みるみるうちに人気に。すでに6枚ものCDをリリースし、コンサートの動員も伸び続けています。そして、ぱんだウインドのコンサートマスターは、2017年出光音楽賞を受賞したサックスのニューヒーロー、上野耕平。圧倒的な音楽性をもってサウンドを引っ張り、ソロでは艶やかな音色で魅せ、大きな存在感を放ちます。本家「パンダ」人気の熱量同様、アドレナリン大放出のフレッシュでホットなステージをお贈りします!

    プログラム例
    Welcome to PANDA!
    PANDASTIC!!
    (楽器紹介バージョン メロディの楽器が次々変わります)
    オリエント急行
    アルト・サクソフォンのためのバラード
    (アルトサックス 上野耕平フィーチャリング)
    ♯ぱんだにお願い!リクエストコーナー
    (事前にリクエスト頂いた曲の中より演奏します)
    HAPPY
    ディズニーメドレーIII
    指揮者に TRY!
    春の猟犬
    スター・ウォーズ メインテーマ

    ※上記は一例です。ご希望・編成に応じたプログラミングを致します。

    編成

    パンダウインドオーケストラ(50 名規模)
    こぱんだウインドアンサンブル(16 名編成)
    こぱんだウインズ(4~5 人編成)
    ※楽曲により、多少の人数の増減の可能性があります。

    プロフィール
    ぱんだウインドオーケストラ

    吹奏楽へのアツイ思いを原動力に2011年、東京・上野の東京藝術大学入学生を中心に結成。楽団名は時を同じくして上野にやってきた二頭の“パンダ”に由来。結成当時、東京藝術大学の学生だったメンバーは、2015年の大学卒業後も続々と国内外のコンクールで入賞を果たしているほか、プロの演奏家として各方面で活躍中。まさに次世代を担う管打楽器プレイヤーがそろう新進気鋭の吹奏楽団である。テレビ朝日「題名のない音楽会」やNHK-Eテレ「ららら♪クラシック」のほか、テレビ・雑誌・新聞などメディアの出演も多数。これまでに「PANDASTIC!! Live2016」(日本コロムビア)など6枚のCDをリリース。平均年齢は25歳。大編成の活動だけにとどまらず、4~5人程の室内楽編成“こぱんだウインズ”や16人の小編成“こぱんだウインドアンサンブル”としての活動も行うなど、新時代の吹奏楽団として幅広い活動を続け、吹奏楽界に新しい風を巻き起こしている。