• オペラをもっと身近に もっと楽しく

    歌劇「ヘンゼルとグレーテル」
    ~オペラアンサンブル・ヴォーチェ


    はじめてのオペラ鑑賞にぴったり!

    子どもたちにとって、分かりやすいストーリー「ヘンゼルとグレーテル」を題材としたオペラの上演です。
    本来は約1時間30分の作品ですが、30分にギュッと凝縮させました。
    歌とセリフで展開するステージはとてもわかりやすく、どんどん惹きこまれていきます。
    また時にコミカルな演出もあり、笑いと感動に溢れた内容です。オペラ上演以外に、
    コーラスやソロの演奏もあり、バラエティに富んでいます。
    体育館のステージいっぱいの舞台セットと共に、
    選りすぐりのキャストたちが大迫力の歌声と迫真の演技でお届けします。

    プログラム例
      [コーラス・ソロのステージ(約30分)]
    フニクリ・フニクラ
    振付もつけながら元気いっぱいに歌います
    気球に乗ってどこまでも
    客席の皆さんは手拍子で参加
    みんなで歌おう!
    皆さんの近くにいって一緒に歌います
    ソロのステージ
    [アルト] 歌劇「カルメン」より “ハバネラ”
    [ソプラノ] ミュージカル「マイ・フェア・レディ」より“一晩中踊りたい”
    [テノール] ナポリ民謡“オー・ソレ・ミオ”
    [バス] 歌劇「カルメン」より“闘牛士の歌”
    世界で一番○○な歌コーナー
    世界で一番早口の歌
    早口にびっくり!
      [歌劇「ヘンゼルとグレーテル」の上演(約30分)]

    ・・・あらすじ・・・ 今日もおなかがペコペコのヘンゼルとグレーテル。
    空腹を紛らわすため、家の中で歌い踊りだします。そこに帰宅したお母さんが、お手伝いをサボっている2人を叱り、森にいちご摘みに行くよう言いつけます。ヘンゼルとグレーテルは森でお菓子の家を発見し、大喜び。美味しいお菓子を食べていると、そこに子どもをお菓子にして食べてしまうという恐ろしい魔女が。魔法をかけられたヘンゼルは檻の中に閉じ込められてしまいます。
    この続きがどうなるかは当日のお楽しみ!

    編成

    6名より(キャスト5名とピアノ) 「ヘンゼルとグレーテル」の登場人物
    ヘンゼル(アルト)
    グレーテル(ソプラノ)
    お父さん(バリトン)
    お母さん(ソプラノまたはアルト)
    魔女(テノール)

    演出・監修
    星野淳 Hoshino Jun

    新国立劇場、二期会オペラなどで主要キャストを務める日本を代表するソリスト。
    二期会オペラスタジオ第34期研究生修了、優秀賞を受賞。
    平成4年度文化庁芸術インターンシップ研修生。二期会会員。


  • スーパー・オペラ・コーラス

    東京オペラシンガーズ


    「合唱」と「オペラ」、2つのフェイス

    「世界水準の合唱団を」という小澤征爾氏(指揮者/第58回グラミー賞受賞)の呼びかけにより結成されたオペラ合唱団。
    オペラのソリストが集まった最強集団による合唱は迫力満点です。
    プログラムは、前半「合唱」後半「オペラ作品」とした2部構成となっており、“うた”の魅力をあらゆる作品から堪能できる豪華な公演です。

    プログラム例
    フニクリ・フニクラ
    大きな古時計
    花 [女声合唱]
    箱根八里 [男声合唱]
    君をのせて
    みんなで歌おう♪ 学校ご希望曲
    ハーモニークイズ!
    オペレッタ「こうもり」より“歌え、踊れ”
    オペレッタ「メリーウィドウ」より“愛のワルツ”
    オペラ「カルメン」より“闘牛士の歌”
    オペラ「椿姫」より“乾杯の歌”

    ※この他にもレパートリーは多数ございます。

    編成

    歌手8名 ピアニスト1名※ご希望、ご予算に応じて多種多様な編成を組めます

    プロフィール
    東京オペラシンガーズ

    1992年設立。サイトウ・キネン・フェスティバル松本他に参加する一方、ウィーンフィル、キーロフ歌劇場管弦楽団、サンクトペテルブルク・フィル等の来日公演に出演。
    東京・春・音楽祭には東京のオペラの森合唱団として第1回から連続出演し、リッカルド・ムーティらと共演。世界的にも高い評価を受けています。
    2010年よりスタートした「東京春祭ワーグナー・シリーズ」《パルジファル》でも好演し、脚光を浴びました。
    2011年からは主要メンバーによる「にほんのうた」シリーズを開始。
    また急遽開催されたズービン・メータ指揮《第九》(東日本大震災支援チャリティコンサート)にも出演、当公演は大きな感動を呼びました。


  • 日本舞台芸術の核「新国立劇場」の精鋭たち

    新国立劇場合唱団


    日本最高の舞台を担う、オペラ合唱団

    我が国最高の才能が集結している場「新国立劇場」を活動の拠点にしている専属合唱団です。
    新国立劇場で行われるオペラの出演のほか、
    日本を代表するオーケストラの演奏会への出演、音楽祭への出演など、幅広く活躍しています。
    文化庁の「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」団体にも選ばれるなど、
    学校公演の経験も豊富で、一流であっても硬さはなく、大変親しみやすい雰囲気・内容となっています。
    編成はSATBにピアノの5名から、ダブルカルテット、大編成までご予算に応じてご提案致します。

    プログラム例(ダブル・カルテットの場合)
    フニクリ・フニクラ
    歌いながら登場!
    ふるさとの四季
    素敵なアレンジの唱歌メドレー
    声の紹介と比較
    [男性合唱] ソーラン節
    [女声合唱] Amazing Grace
    手紙~拝啓 十五の君へ~
    アンジェラ・アキの曲を混声合唱で
    歌劇「カルメン」より“ハバネラ”
    メゾ・ソプラノがメインの有名な曲
    歌劇「ジャンニ・スキッキ」より“私のお父さん”
    TVでもよく耳にするメロディ
    歌劇「椿姫」より“乾杯の歌”
    ソプラノとテノールのデュエット
    旅立ちの日に
    SMAPも歌った、感動的な曲
    校歌
    みなさんの学校の校歌を一緒に歌いましょう
    編成

    5名より ①カルテット編成(ソプラノ・アルト・テノール・バス・ピアノ)
    ②ダブル・カルテット編成(ソプラノ2・アルト2・テノール2・バス2・ピアノ)
    ③10名以上
    ※ご予算に応じて編成のご提案を致します

  • スーパー声楽アンサンブル

    東混ゾリステン


    東混メンバーとめぐる世界の歌の旅!

    東京混声合唱団の精鋭8名による合唱のコンサートです。
    日本の歌、教科書に載っている歌、世界の楽しい合唱曲など、古今東西の豊富なレパートリーからプログラミング。思わず歌いたくなる、口ずさみたくなる曲の数々で、歌うことの楽しさやと感動を伝えます。子どもたちとコミュニケーションをとりながら、手拍子や掛け声、振付なども加えて、見た目にも楽しいステージです。

    プログラム例(ダブル・カルテットの場合)
    雨のうた
    歌の世界に直ちに引き込むインパクト抜群の曲
    汽車
    機関車の走行を声で表現するユニークな曲
    蚊を声や振付で表現します
    声の紹介~ソロと重唱で
    私のお父さん
    オー・ソレ・ミオ
    オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」より
    フィガロの結婚より五重唱 等
    次世代に伝えたい子どもの歌
    おなかのへるうた
    せんせい
    ぼくらの町は川っぷち
    みんなで歌おう
    東混メンバーと一緒に歌いましょう
    楽しい世界の歌めぐり
    フニクリ・フニクラ
    ライオンは眠っている
    ミュージカル「アニー」メドレー
    Every Time I Feel the Sprit
    幸せなら手をたたこう 等より
    編成

    9名 合唱団8名(ソプラノ2 アルト2 テノール2 バス2) ピアノ1

  • こどもたちの心を惹きつける!

    Jスコラーズ


    「美しく歌って楽しく踊る」親しみやすさ抜群の合唱団

    Jスコラーズは、国内外の音大出身者によって結成されたプロフェッショナル声楽アンサンブル。
    テレビの音楽番組や、全国各地での単独公演にワークショップなど多岐にわたり活躍しています。
    学校公演では、本格的なクラシックのアカペラからオペラ、オペレッタ、アニメソングまで変化に富んだプログラムを組み、フレッシュな歌声と指揮・ピアノの榎本潤による華やかなアレンジ、さらに、親しみやすく子供達の心を惹きつける演出で大変好評を頂いております。

    プログラム例

    ~アニメソングより~

    さんぽ(『となりのトトロ』より)※振り付き
    夢をかなえてドラえもん
    ホールニューワールド(『アラジン』より)【ソプラノ&テノール二重唱】

    ~歌い継ぎたい日本の唄~

    ふるさとの四季(唱歌のメドレーより)
    あわて床屋 作詞:北原白秋 作曲:山田耕筰【ソプラノ・ソロ】

    ~歌い継ぎたい日本の唄~

    ふるさとの四季(唱歌のメドレーより)
    あわて床屋 作詞:北原白秋 作曲:山田耕筰【ソプラノ・ソロ】

    ~流行の曲より~

    Let It Go
    365日の紙飛行機

    ~共演ステージ~

    全員合唱 「翼をください」、「ビリーブ」など 学校希望曲

    ~オペラ・ミュージカルの名曲選より~

    乾杯の歌 (オペラ『椿姫』より)
    パパパの二重唱 (オペラ『魔笛』より)

    ~Jスコラーズ愛唱歌より~

    夢をあきらめないで(Jスコラーズ・オリジナル曲)※振り付き
    素晴らしい人生(オペレッタ)※振り付き
    編成

    ピアニスト1名 歌手4名 より

    プロフィール
    Jスコラーズ

    Jスコラーズは、国立音楽大学声楽科や大学院の卒業生を中心に2013年に結成。現在では武蔵野音楽大学、東京藝術大学、尚美学園大学、英国王立音楽大学など、国内外の音大出身者によって結成されています。
    現在、BS-TBSの『日本名曲アルバム』ではレギュラー合唱団として出演。テレビ出演の他、小学校から高校までの学校公演でも精力的に活動を行っています。


  • 日本を代表するグループの大人気アカペラコンサート

    TRY-TONE(トライトーン)


    「声だけ」で創り上げられる極上のハーモニー

    男女混声のアカペラグループ「トライトーン」。日本のアカペラ界トップに君臨するグループです。
    「声」だけで紡ぎだされるハーモニーは、人の声とは思えない驚異のサウンド。
    童謡やポップス、アニメソングなど、子どもたちに親しみのある作品を多く盛り込みながら、ハーモニーの成り立ちや、アカペラの楽しさをお伝えしていきます。
    客席とのコール&レスポンス、アカペラにトライ!コーナーなど、参加シーンもとても多く、盛り上がること間違いなしの大好評公演です。

    プログラム例
    アカペラでゆこう(TRY-TONEオリジナル)
    ビビディバビディブー(南国風アレンジ)
    大きな古時計(パート紹介)
    しあわせなら手をたたこう(客席参加)
    学校校歌(驚きのかっこいいアレンジ!)
    アカペラにTRY!コーナー「どんぐりころころ」
    会場を3つのパートに分けてアカペラに挑戦!
    ①「どんぐり」チーム ②「ころころ」チーム ③メロディーチーム
    Let It Go~ありのままで~(旬の作品もどんどんアレンジ!)
    アニメソング・メドレー(さんぽ~ドラえもん~サザエさん~勇気100%~おどるポンポコリン)
    編成

    5名 多胡オサム
    松永ちづる
    青木肇
    新森春花(サポート)
    今山慎一郎(サポート)

    ※日程により、一部メンバーの変更の可能性があります。




    プロフィール
    TRY-TONE トライトーン

    1994年、ビクターから「エトワール~12の星物語」でデビュー。
    海外からの評価も高く、
    2001年アメリカのContemporary A cappella Society America主催、ベストレコーディング アワーズで、“アカペラ・マジック・ボックス”が最優秀ジャズアルバムを受賞。
    1997年シンガポール、1999年、2004年韓国ソウルで公演。
    2002年、2003年には韓国の伝統音楽歌手キム・ヨンウー氏と、日本国内各地でジョイント コンサートを行なうなど、国際的な活動も展開。2009年にはプロ野球クライマックスシリーズにおいて、東京ドームで国歌斉唱し大絶賛された。2011年17枚目となるシングル「Gift」をリリース。


  • ゴスペルを楽しもう!

    THE SOULMATICS -ザ・ソウルマティックス-


    感動とパワーみなぎるステージ 会場がひとつになるコンサート

    世界を舞台に活躍している本格ゴスペルクワイア「ザ・ソウルマティックス」。
    本場アメリカで“奇跡の声”を持つグループと称された、その歌唱力はソウルフルで迫力満点!
    本気度120%の歌やダンスは、必ずや皆さんの心に響くことでしょう。
    有名なゴスペルナンバーだけでなく、ポップスや校歌など、親しみやすいプログラムに参加コーナーが加わり、会場が熱気にあふれる、まさにゴスペル体感コンサートです。

    プログラム例
    Amazing Grace
    Oh Happy Day
    翼をください

    ほか、ゴスペルのスタンダード、ポップス、オリジナルソング等から構成プログラム曲目は当日のお楽しみ!という形をとらせて頂いております。

    編成

    ゴスペルシンガー6名 より

    プロフィール
    THE SOULMATICS
    ザ・ソウルマティックス

    日本のゴスペル界の第一人者である、池末信が率いるグループ。2006年には黒人音楽の殿堂「ニューヨークアポロシアター」のメインゲストとして東洋人で初めてステージに立ち、観客のみならず、劇場スタッフからも大絶賛を受けました。
    国内では、毎年全国で開催するライブツアーのほか、ライフワークとする全国小・中・高等学校での芸術鑑賞会にも力を入れており、年間50公演以上取り組んでいます。その他、様々なイベント活動、レコーディング活動、TV出演や、大スターのコンサート・クワイアを務めるなど、幅広く活躍しています。
    これまでにニューヨークのトップゴスペルシンガーのリチャード・ハートリー氏のツアーサポートを始め、ミッキー吉野氏、伊藤たけし氏、カシオペア、五木ひろし氏、Skoop On Somebody、mink、HY、平井堅氏、長渕剛氏などのコーラスにも参加するなど 今や日本のミュージックシーンに欠かせない存在です。


  • 参加型童謡コンサート

    坂入姉妹


    子どもたちの笑顔と歌声であふれる、ふれあいコンサート

    坂入姉妹の透明感あふれる均整のとれたハーモニーと
    子どもたちを惹きつけて離さないお話しや演出が大好評のコンサートです。
    プログラムは、童謡をはじめ、子どもたちにとって身近な曲で構成されています。
    伴奏はピアノだけでなく、マリンバやハープなどが入った編成もあり、
    楽器演奏も楽しめる充実した内容です。

    プログラム例
    ディズニーメドレー
    ディズニーの名曲がずらり
    童謡の玉手箱
    かわいい玉手箱から12か月分の童謡が飛び出します!
    童謡クイズコーナー
    あっと驚く童謡のひみつ、教えます
    あの青い空のように
    手話を覚えてみよう
    マリンバ/ハープの演奏
    「道化師のギャロップ」「星に願いを」
    楽しい打楽器紹介もあります
    ドレミの歌
    会場が熱気に包まれるドレミの歌は坂入姉妹ならでは
    校歌
    みなさんの学校の校歌を歌います
    ジブリメドレー
    となりのトトロなどジブリ作品でフィナーレです
    編成

    2名~ [2名編成] 坂入姉妹2名(伴奏はカラオケ)
    [3名編成] 坂入姉妹2名+ピアノ
    [6名編成] 坂入姉妹2名+ピアノ+マリンバ+ハープ+打楽器
    [大編成]  坂入姉妹2名+弦楽器+打楽器
    ※ご希望、ご予算に応じて編成のご提案を致します。

    プロフィール
    坂入姉妹 さかいりしまい

    東京音楽大学声楽科を卒業。在学中より、数々のコンクールで賞を受賞し、実力派のデュオとして注目を集めてきました。
    現在は、全国各地で、子どもたちから大人、ご年配の皆様を対象に特色あるコンサートを公演し、幅広いファン層を全国に広げています。
    公演活動以外では、日本航空(JAL)の国内・国際線が、機内のリスニングサービスとして坂入姉妹の歌う童謡を採用している他、幼児向け教材のCD、学校教科書、学習雑誌への執筆と活躍の場を広げています。


  • おもしろパフォーマー

    音楽的道化師 みま


    オペラにマジックにパントマイム!?一度見たら忘れられないショー

    アコーディオン(ボタン式)とオペラ・アリアで、客席を笑いの渦に巻き込む、世界でもまれなクラウンを創作した、音楽的道化師“みま”(2014~みぎわ改め)。「ハバネラ」や「誰も寝てはならぬ」、「乾杯の歌」なの有名なオペラの名曲を、通常のクラシック公演ではありえない面白い演出(パロディ)で歌い上げます。衣装早替えやマジック、客席を巻き込んだ演出などアイディアに溢れた演出で子どもたちだけでなく、先生方の心も捉えて離しません。

    プログラム例
      注)すべてコミカルな演出がついています
    パントマイム
    のっけから大爆笑!パントマイムのレクチャーもあります
    トルコ行進曲
    アコーディオンの演奏
    アコーディオンの演奏
    歌劇「椿姫」の有名な曲 本来デュエット曲ですが・・・
    聖者の行進
    手拍子で参加して頂きます
    ジブリメドレー
    歌える曲は一緒に歌いましょう
    オペラ座の怪人よりテーマ
    マジックを披露
    歌劇「カルメン」より
    客席のみなさまのお力を拝借
    ラ・クンパルシータ
    決闘!
    私のお父さん
    優雅なこの曲も「みま」が歌うと?!
    編成

    みま1名 だけ!

  • ソプラニスタ

    岡本知高 ソプラニスタコンサート


    世界的に大変稀有な、天性のソプラノヴォイス

    TVのフィギュアスケートで耳にする「ボレロ」の美しい歌声、それが岡本知高です。
    力強くも透明感あふれる「奇跡の歌声」は聴くものすべてを美しく揺さぶります。
    ライフワークとする学校公演はメッセージと共に綴る、心温まる60分間のステージです。

    プログラム曲目例

    日本の唱歌 / Amazing Grace / 誰も寝てはならぬ 等

    編成

    2名 岡本知高 ピアノ1

    プロフィール
    岡本知高 Tomotaka OKAMOTO

    男性でありながら女性ソプラノの音域を持つ男性ソプラノ歌手【ソプラニスタ】。
    多くのソプラニスタやカウンターテノールがファルセット(男性裏声)を用いて技巧的に発声するのに対し、岡本の場合は、男性としての強い筋力と豊かな肺活量を、生まれながらのソプラノヴォイスを通して発揮できるという、世界的にも大変希有な「天性の男性ソプラノ歌手」である。
    レパートリーは、宗教曲、オペラ、日本歌曲、クラシカル、ミュージカル、ポップスと多岐にわたり、各地でのソロコンサートやオペラ、イベント出演等で会場を沸かせる一方、学校訪問コンサートや学生とのステージ共演に力を注ぐなど、子供達とのふれあい活動も全国展開している。
    1999年国立音楽大学声楽科を卒業。数々のコンクールで優勝・入賞を果たし、パリ・プーランク音楽院に留学。審査員満場一致の一位を獲得、首席で修了。
    2002年帰国直後、NHK『スタジオパークからこんにちは』などへの出演を機にその歌声はもちろん、独特のコスチュームと楽しいキャラクターで、一躍その名は全国的に知られることとなった。
    2006年よりCX系フィギュアスケート番組のオープニングソング『ボレロ』を担当。
    2014年3月東宝の舞台に初登場となる作品音楽劇『ピトレスク』や、11月からブロードウェイミュージカル『シカゴ』宝塚歌劇100周年記念OGバージョン、2015年には再演となる宮本亜門の翻訳・演出のミュージカル「ウィズ~オズの魔法使い~」、2016年にはアメリカ・ニューヨークのデビット・H・コーク・シアターにてブロードウェイミュージカル『シカゴ』宝塚歌劇OGバージョンに出演するなど、とどまるところの無いソプラニスタの新たな可能性を開花させている。