うた①

  • 日本のゴスペルシーンのトップを走る人気と実力

    THE SOULMATICSザ・ソウルマティックス


    東洋人離れしたパワフルな歌声と表現力

    日本ゴスペル界の第一人者である「池末信」が率いる、本格ゴスペルグループ。
    鍛錬された強靭な歌声に鳥肌がたち、想いが込められた表現力に圧倒され、感動が込み上げてくる、まさにゴスペルの神髄を体感できるコンサートです。
    メンバーは1人1人が一流シンガー。誰もがソロをとる歌唱力を持っており、聴衆をグッと惹きつけます。また、曲ごとにソロが変わることで、サウンドに動きや変化が生まれ、観る者を飽きさせません。
    レパートリーは現代ゴスペルが200曲以上、誰もがTVなどで耳にしたことのある曲も沢山あり、ゴスペルが初めての方にもお楽しみ頂けます。
    ソウルマティックスの活動は、毎年満員御礼となる定期公演、イクスピアリでのカウントダウンライヴ等のイベントのほか、mink、Skoop On Somebody、平井堅、ゴダイゴ、HY、長渕剛など、日本のトップアーティストらのツアーやレコーディングに参加するなど、音楽業界からも高い評価と信頼を得ています。

    プログラム曲目例

    Oh Happy Day、Amazing Grace、Joyful Joyful など定番のゴスペルソングからポップスのゴスペルアレンジ、TVの主題歌ゴスペルバージョンなどがあります。

    編成

    8名~ 会場やイベントの規模、ご予算等にマッチしたご提案が可能です

    プロフィール
    THE SOULMATICS 主宰 池末信 Ikesue Shin
    (ヴォーカリスト・作曲家・編曲家・ボイストレーナー)

    マサチューセッツ州バークリー音楽大学 映画音楽科 卒業。
    スタジオやツアーメンバーとして様々なアーティストと活動するとともにゴスペルクワイアのディレクターとして東京、大阪、福岡にて活動を行う。
    97年より世界でも有数でニューヨーク在住ゴスペルシンガーRICHARD HARTLEY氏のマネージメント兼プロデューサーを
    務め、コンサート企画やニューヨーク、フロリダにてコンサート、ワークショップを行うなどゴスペルミュージックを広める活動をしている。
    ボイストレーナーとしては、様々な手法を取り入れ研究し、日本人には出ないと言われていた音や音域を手に入れる指導法を開発。2004年に日本のゴスペルシーンをリードする亀淵由香氏と
    作詞家、音楽評論家である湯川れい子氏が立ち上げたGOSPEL NETWORK OF JAPANへ理事として参加。


  • 華やかで存在感抜群、実力派スーパー・ヴォーカル・グループ

    ジャミン・ゼブ~スウィート・ドリーム・コンサート


    熱烈固定ファンが増え続けている、凄腕イケメンヴォーカル4人組

    各地で行われるライブチケットは毎回ソールド・アウト、ジャズヴォーカル界を賑わせている超人気グループです。これまでに、東京JAZZ、MLB開幕試合(東京ドーム)での日米両国歌披露、他ビッグイベントに多数出演。また東日本大震災からの復興を願ったオリジナル曲「Rise」が、NHKニュースを通じて大きな話題となり、総合TVで4度放送されるという、異例の扱いも受けました。
    ジャミン・ゼブの歌は、曲の中でソロ・ヴォーカルが自在に入れ替わり、変化に富んだカラフルなサウンドを楽しめる一方、コーラスでは美しく溶け合う、柔らかな音色に魅了されます。飾らない人柄やスマートなMC、ルックスの良さで人気を博し、地方遠征する熱狂的な追っかけファンも多数。
    ジャズをベースに、洋楽、邦楽、オリジナルとレパートリーは豊富。対象となる世代や季節に合わせたプログラミングができ、一般公演からディナーショー、クリスマスコンサート等、多様なニーズにフィットした公演が可能です。

    プログラム曲目例

    【スタンダードジャズ】ムーンライトセレナーデ・ROUTE 66・A列車で行こう・Summertime・Smile・Night And Day・アルフィー・How High The Moon・星に願いを
    【洋楽カバー】Day Tripper・Yesterday・Lady Madonna・We’re All Alone・明日に架ける橋・Fun Fun Fun・You Raise Me Up・I’m A Believer・スカボロフェア・I Wish
    【邦楽カバー】さくら(独唱)・Everything(MISIA)・世界に一つだけの花・涙そうそう
    【ミュージカル】レ・ミゼラブル・オペラ座の怪人・ロッキー
    【国歌】君が代・アメリカ国歌・ドイツ国歌
    ほか

    編成

    4名

    Kojiro

    Steve

    Simon

    Lensei

    ※バンド付の編成もございます。


    プロフィール
    jammin'Zeb ジャミン・ゼブ

    2006年夏、結成。2007年10月、結成1年にして異例の早さでメジャーデビュー。2008年、新人であるにも関わらず大抜擢を受け、『Jakarta International Java Jazz Festival 2008』(インドネシア)、『東京JAZZ』(銀座)など世界的なイベントに相次いで出演。
    また同年3月、東京ドームで行なわれたMLB 開幕試合、『ボストン・レッドソックス VS オークランド・アスレチックス』開始前のセレモニーに於いては、「アメリカ国歌」「君が代」両曲を披露、大絶賛を受けました。これまでに、11枚のCDアルバムをリリース。


  • 一流オペラ歌手が贈る 名曲の数々

    東京オペラシンガーズ


    日本の唱歌からオペラ、流行曲まで

    “日本で最高のオペラ合唱団を”という指揮者・小澤征爾氏(2016年グラミー賞受賞)の要望で設立された、優秀なオペラソリストで構成される合唱団。
    小澤氏が総監督を務める「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」を皮切りに活動の場を広げ、今では多くの重要なクラシック音楽イベントの常連となっています。さらに近年は日本の歌をテーマにしたCDリリースや、唱歌を歌うコンサートも実施しており、ますます意欲的な活躍をみせています。
    本企画は、最も得意とするオペラの名曲はもちろん、童謡や唱歌、J-POPやディズニーまで、一度に様々なジャンルの曲をお楽しみ頂けるスペシャルなものです。近年のシンガーズの活動からオイシイ要素をピックアップして、オペラ歌手ならではの肺活量を感じられる発声で聴けるという贅沢。ボリューム満点の美声で心身ともに満たされます。

    プログラム例

    《第1部》 オペラ歌手が歌う 日本の四季

    春の小川 花 こいのぼり さとうきび畑 もみじ ふるさと 等

    《第2部》 オペラDEポップスソング

    フニクリ・フニクラ 旅立ちの日に 手紙~拝啓十五の君へ~ Let It Go 等

    《第3部》 オペラ名曲アラカルト

    喜歌劇「こうもり」より〝歌え踊れ“〝シャンパンソング”
    歌劇「椿姫」より〝乾杯の歌“
    歌劇「カルメン」より〝ハバネラ“〝闘牛士の歌”〝終幕の合唱“
    歌劇「トゥーランドット」より 〝誰も寝てはならぬ“
    編成

    13名~ 指揮者1名 合唱団12名より

    プロフィール
    東京オペラシンガーズ

    1992年設立。サイトウ・キネン・フェティバル松本などに参加する一方、ウィーンフィル、キーロフ歌劇場管弦楽団、サンクトペテルブルク・フィル等の来日公演に出演。東京・春・音楽祭には東京のオペラの森合唱団として第1回から連続出演し、リッカルド・ムーティらと共演。世界的にも高い評価を受けている。2010年よりスタートした「東京春祭ワーグナー・シリーズ」《パルジファル》でも好演し、脚光を浴びた。2011年からは主要メンバーによる「にほんのうた」シリーズを開始。また急遽開催されたズービン・メータ指揮《第九》(東日本大震災支援チャリティコンサート)にも出演、大きな感動を呼んだ。


  • BS-TBS『日本名曲アルバム』 レギュラー合唱団

    J スコラーズ


    人間の声が織りなす力強く華やかなハーモニー

    2013 年に結成された「J スコラーズ」。
    フレッシュな合唱団ながら、BS-TBS『日本名曲アルバム』では 2014 年よりレギュラー合唱団として出演。 音楽監督である榎本の楽曲アレンジ、ピアノ演奏と相まって、華やかなハーモニーと情熱的な演奏が各方面より好評を博していま す。そのレパートリーも 150 曲を越える豊富さ。
    またテレビだけではなく、J スコラーズ単独によるコンサート『名曲をあなたに』や山形由美&J スコラーズ『映画音楽と日本の名 曲コンサート』など全国各地で活発にコンサート活動も繰り広げています。 “美しく歌って楽しく踊る”をモットーに掲げた、これまでにはない声楽アンサンブル「J スコラーズ」の力強く華やかなハーモニー にご期待ください。

    プログラム例 ※昭和の名曲をメインにプログラムした一例です
    青い山脈
    せんせい
    津軽海峡・冬景色
    いい湯だな
    川の流れのように
    季節の歌メドレー
    人生いろいろ
    美女と野獣
    ラブストーリーは突然に
    ユー・アー・マイ・サンシャイン
    時代

    ※上記は一例です。ご希望・編成に応じたプログラミングを致します。
    ※クラシック・オペラ・ミュージカル曲などのレパートリーも豊富です。お問い合わせください。

    編成

    ピアニスト1名 歌手4名より

    Jスコラーズ

    Jスコラーズは、国立音楽大学声楽科や大学院の卒業生を中心に2013年に結成。現在では武蔵野音楽大学、東京藝術大学、尚美学園大学、英国王立音楽大学など、国内外の音大出身者によって結成されています。
    現在、BS-TBSの『日本名曲アルバム』ではレギュラー合唱団として出演。テレビ出演の他、小学校から高校までの学校公演でも精力的に活動を行っています。


  • ソプラニスタ

    岡本知高 ソプラニスタコンサート


    世界的に大変稀有な、天性のソプラノヴォイス

    “男性でありながら女性ソプラノの音域を持つ男性ソプラノ歌手[ソプラニスタ]。
    各地でのソロコンサートやオペラ、イベント出演等で会場を沸かせる一方、ライフワークとして取り組んでいる学校訪問コンサートや、公演先の地元学生らとのステージ共演に力を注ぐなど、子どもたちとのふれあい活動も全国展開しています。
    フィギュアスケート番組のオープニングソング「ボレロ」の美しい声、それが岡本知高です。

    プログラム例

    日本の唱歌 Amazing Grace 誰も寝てはならぬ 等

    編成

    基本2名岡本知高1名 ピアニスト1名

    プロフィール
    岡本知高

    男性でありながら女性ソプラノの音域を持つ男性ソプラノ歌手【ソプラニスタ】。
    多くのソプラニスタやカウンターテノールがファルセット(男性裏声)を用いて技巧的に発声するのに対し、岡本の場合は、男性としての強い筋力と豊かな肺活量を、生まれながらのソプラノヴォイスを通して発揮できるという、世界的にも大変希有な「天性の男性ソプラノ歌手」である。
    レパートリーは、宗教曲、オペラ、日本歌曲、クラシカル、ミュージカル、ポップスと多岐にわたり、各地でのソロコンサートやオペラ、イベント出演等で会場を沸かせる一方、学校訪問コンサートや学生とのステージ共演に力を注ぐなど、子供達とのふれあい活動も全国展開している。
    1999年国立音楽大学声楽科を卒業。数々のコンクールで優勝・入賞を果たし、パリ・プーランク音楽院に留学。審査員満場一致の一位を獲得、首席で修了。
    2002年帰国直後、NHK『スタジオパークからこんにちは』などへの出演を機にその歌声はもちろん、独特のコスチュームと楽しいキャラクターで、一躍その名は全国的に知られることとなった。
    2006年よりCX系フィギュアスケート番組のオープニングソング『ボレロ』を担当。
    2014年3月東宝の舞台に初登場となる作品音楽劇『ピトレスク』や、11月からブロードウェイミュージカル『シカゴ』宝塚歌劇100周年記念OGバージョン、2015年には再演となる宮本亜門の翻訳・演出のミュージカル「ウィズ~オズの魔法使い~」、2016年にはアメリカ・ニューヨークのデビット・H・コーク・シアターにてブロードウェイミュージカル『シカゴ』宝塚歌劇OGバージョンに出演するなど、とどまるところの無いソプラニスタの新たな可能性を開花させている。


  • ライアー(竪琴)とピアノで贈る心温まるコンサート

    木村弓


    心の底から湧き上がってくる感動の瞬間

    “宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』で一躍有名になった木村弓がピアニストと贈るハート・ウォーム・コンサート。
    ジブリ映画の主題歌となったオリジナル曲や、谷川俊太郎、金子みすゞ、覚和歌子などの著名詩人の言葉に、やわらかで包み込むような美しい旋律を合わせた曲、日本の叙情歌・童謡・わらべうたなど、聴く者の琴線に触れるプログラムと歌。ノスタルジックな心地よさが心に溢れるコンサートにご期待ください。

    演奏曲目例
    いつも何度でも
    (詞:覚和歌子 曲:木村弓)
    草原の夜
    (詞:金子みすゞ 曲:木村 弓)
    もののけ姫
    (詞 : 宮崎 駿 曲 : 久石 譲)
    蘇州夜曲
    (詞:西條八十 曲:服部良一)
    いのちの名前
    (詞:覚和歌子 曲:久石譲)
    世界の約束
    (詞:谷川俊太郎 曲 : 木村弓)
    ほか
    編成

    2名木村弓 ピアニスト

    プロフィール
    木村弓 Kimura Yumi

    大阪生まれ。神戸女学院から16歳で単身渡米。 現地のハイスクールを経て、カリフォルニア州立大学に進学し、ピアノを専攻。帰国後、声楽家を志望して歌と演劇を勉強するが、途中健康を害して一時歌を断念。1988年、ドイツの思想家シュタイナーの人間観に共感した人達によって考案された竪琴ライアーと出会い、独自の弾き語りを確立。2001年、宮崎駿監督作品「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」を作曲して歌い、一躍脚光を浴びる。第43回日本レコード大賞金賞、第56回毎日映画コンクール音楽賞、第25回日本アカデミー賞主題歌賞受賞。アルバム「流星」(2003年)に詩人谷川俊太郎氏と初めて共作し収録した 「世界の約束」が、再び2004年、宮崎駿監督の映画「ハウルの動く城」の主題歌として起用される。
    以後ライアーの弾き語りのみにとどまらず、ピアノとのデュオをはじめ、ストリングスや古楽器との共演、ダンスとのコラボレーションなど、様々な形態でコンサート活動を続けている。