HOME>一般公演向け企画>パフォーマンス・ショー

パフォーマンス・ショー

  • 衝撃と感動の華麗なるエンタテインメントの祭典

    G-Rockets ジー・ロケッツ


    体操選手として、
    世界を経験した女性たちによる日本初のアクロバットダンス・カンパニー

    驚異的な身体能力から繰り広げられる、空中パフォーマンス・宙返り・バク転などの「アクロバット」と、ジャズ・ヒップホップ・モダンバレエなどの「ダンス」を融合させた“アクロバット・ダンス”は、新たなエンターテインメントとして、世界中から注目されています。
    これまでに、堂本光一主演『Endless SHOCK』、滝沢秀明主演『新春滝沢革命』、コロッケ主演『ものまねエンターテインメント』、 志村けん一座『志村魂』など、多くの舞台に出演。
    TVでは、『紅白歌合戦』水森かおりバックダンサーとして出演した他、『欽ちゃん&香取慎吾の第83回全日本仮装大賞』に出場し優勝。 その他、『2005年スペシャルオリンピックス冬季世界大会』開会式、 荒川静香『Christmas On Ice』をはじめ、数多くのイベントにも出演。話題を独占中です。

    プログラム例
    ジャングル
    ワイルドなアクロバットダンス
    フープ
    光るフープを使用した幻想的なパフォーマンス
    リング
    リングを使った空中パフォーマンス
    シルク
    空中で布を使用し優雅に舞います
    ツイン&ハンモック
    2人組一対の帯状の衣装をまとった魅惑のパフォーマンス
    みんなでダンス
    踊りたい人全員参加コーナー
    “妙”ナンバー
    ピエロ姿のコミカルなパフォーマンスから華麗な組技まで披露
    花鳥風月
    「和」を表現したナンバー
    DANCEナンバー
    HipHopダンス
    ボール
    バランスボールを使って飛んだり跳ねたりするポップなナンバー
    FIESTA
    ダンス・シルク・リングの盛り沢山の壮大なフィナーレ
    編成

    8名~ ※公演会場は基本的にバトンのあるホールでお願いします。(吊ものの演技があるため)

    プロフィール
    G-Rockets ジー・ロケッツ

    驚異的な身体能力から繰り広げられるアクロバットと様々なダンス、さらに仏・米サーカス学校にて習得した空中パフォーマンスを融合させ、"アクロバットダンス"という新しいカテゴリーを築き上げました。
    近年の活動として、堂本光一主演『Endless SHOCK』、玉森裕太主演『DREAM BOYS』、コロッケ主演『ものまねエンターテインメント』、志村けん一座『志村魂』など、多くの舞台作品に出演、またテレビでは、『紅白歌合戦』に水森かおりバックダンサーとして出演した他、『欽ちゃん&香取慎吾の第83回全日本仮装大賞』に出場し優勝。 その他、『2005年スペシャルオリンピックス冬季世界大会』開会式、荒川静香『Christmas On Ice』をはじめ、数多くのイベントにも出演し、その活躍は国内にとどまる事なく、ドイツ・韓国・ニューヨーク・ラスベガスと世界へ広がり、好評を博しています。


  • マーチングを中心とした打楽器パフォーマンス集団

    Percussion Performance Players
    パーカッション・パフォーマンス・プレイヤーズ


    子どもも大人も大興奮!
    「驚き」と「感動」と「笑い」にあふれる、スーパー打楽器SHOW!

    国内屈指の打楽器パフォーマンス集団PPP-ピーピーピー(グループ名略称)。
    5人ぴったり揃ったバチさばき、スティックを回したり投げたり、多彩なフォーメーションで繰り広げる、最高の打楽器パフォーマンスコンサートです。
    ただ演奏するだけでなく、「魅せる」「驚かせる」のがPPPの舞台。展開がスピーディで独創的なアイディア満載のステージは、一瞬たりとも目が離せない、客席が常に「歓声」と「笑い」に包まれる公演です。 これまでに紅白歌合戦でDreams Come Trueのバック鼓笛隊や、劇団四季公演のマーチング演出、指導などを担当。マーチング界において実績と信頼あるグループ。2014年、結成10周年を迎え、ますます充実した活動を展開中です。

    プログラム例
    When Action Ensued
    大小様々なドラムで捲し立てる
    Cymbal Song
    シンバルパフォーマンス
    道化師のギャロップ
    1台の木琴を3人で+ぐるぐる回転
    熊蜂の飛行
    まるで仮装大賞、鍵盤浮遊の術
    ボディ・パーカッション
    とにかく楽しい演出。客席参加も
    What's Up
    コントロール抜群のバチ投げあり
    トルコ行進曲
    ドレミパイプ(ブームワッカー)難曲
    STEPS
    限界まで反る!
    Be Together
    手拍子と振りでお客様参加
    Pink Points
    打楽器二人羽織
    編成

    5名



    プロフィール
    Percussion Performance Players
    パーカッション・パフォーマンス・プレイヤーズ(略してPPP(ピーピーピー))

    マーチングを中心とした打楽器のパフォーマンス集団。
    同じ音楽大学で打楽器を学び、マーチングが好きで集まった仲間で2004年結成。
    リーダーである元田優香が第19回日本打楽器協会新人演奏会に出演、グランプリを受賞。翌年の招待演奏会にて自作曲をPPPで披露し、さらに同年の20周年記念打楽器新人特別演奏会に出演した。
    個性派5名が魅せるそのパフォーマンスは「一瞬たりとも見逃せない!」演出で聴衆を魅了。
    2014年にはニューヨーク公演をおこない大成功をおさめる。
    定期的に行っているPPPワンマンライブでは意欲的なプログラムに挑戦し、常に新しい"打楽器エンターテインメント"の可能性を発信している。また、全国各地のお祭りや企業イベントをはじめ、小中高等学校の学校公演や芸術鑑賞会、幼稚園や福祉施設、チャリティーイベント、メディアへの出演など幅広く活動している。


  • 日本のタップダンス界をリードする宇川彩子プロデュース

    宇川彩子 COLORS of TAP


    鳥肌が立つ、タップダンスの概念を覆される感動!

    ジャズタップの分野で最先端を走り続ける、宇川彩子(うかわあやこ)プロデュースで、タップダンスとそれを活かす楽器編成のバンドによる公演です。
    つま先、かかとなど、足全体の駆使だけにとどまらず、全身を使ってリズムを表現する『タップダンス』。
    帽子やステッキと共に軽やかに踊っていた時代から大きな進化を遂げ、今日ではハードな全身運動と言っても過言ではない、まさに芸術の域に達した身体表現にまで発展しています。4人のトップダンサーのテクニックが集結した圧倒的迫力の群舞、ハイセンスなアドリブソロ、バンドとのリズムバトル
    興奮最高潮、とにかくかっこいい、他にはないステージを「タップリ」と堪能してください。

    プログラム曲目例

    枯葉/オー・シャンゼリゼ/タップダンス・アカペラ/リベルタンゴ/スペイン/Skindo-le-le/LOVE/
    マシュケナダ/アレグリブルース/

    ♪ジャズを中心としたバンド演奏にのって、ダンサーが踊るスタイルをベースに、
    タップアカペラ、バンドのみ、ヴォーカル入りなど、バラエティに富んだ内容です。

    編成

    9名 タップダンサー4 スティールパン1 ラテンパーカッション1
    鍵盤アコーディオン1 ギター&ヴォーカル1 ボタンアコーディオン1

    プロフィール
    宇川彩子 Ukawa Ayako

    10歳からタップを始める。TAPの巨匠、Dr.Jimmy Slydeとの共演で彼のTapに魅了され、Improvisation Tap(Jazzとの即興演奏)を始めジャズ界へ。
    2000年、”The TAP” でCDデビュー。 2003年、ライブDVD&CDを発売。日野皓正、日野元彦、山本剛、本田竹広、鈴木良雄ら、日本を代表するジャズミュージシャンと共演。
    2003年からは、より広い音楽活動を展開。 現在4つの音楽ユニットを手掛ける。
    2006年より、パリ在住のSarah Petronio女史に師事。年に一度はパリを訪れ、2009年には、女史と共にバルセロナタップフェスティバルに出演。活躍の場を世界へと広げている。
    2010年4月、日本のタップジャムセッションの草分け、PENSACOLA TAP JAMから、CD ”TAP DANCE STANDARD” を発売。また、JAM TAP DANCE COMPANの公演では、振付、演出を手掛けるなど、様々な分野で活躍中。


  • アート・サーカス・パフォーマンス

    くるくるシルク


    パントマイムとサーカス芸の融合!
    子どもから大人まで大好評のパフォーマンス

    サーカスの本場フランスで巻き起こるヌーヴォ・シルク(新しいサーカス)に魅せられた3人で結成。
    レッド・ブルー・イエローのコンビネーション抜群・個性派キャラクターたちが、パントマイムで鍛えられた表現力を駆使して「笑い」と「感動」の舞台をお届けします。一つ一つの芸がストーリ仕立てになっており、大道芸とは一線を画した一つの舞台としてお楽しみ頂けます。パントマイムとサーカス芸の融合により生み出される不思議な空間で、子どもから大人まで大好評のパフォーマンスをお楽しみください。

    プログラム例
    オープニング
    ・タップダンスでご挨拶~パントマイム
    ・ハットジャグリングを使ったくるくるダンス
    ジャグリング
    ・3人のコンビネーションによるボールジャグリング
    ・バランスボールを使った、でっかいボールジャグリング
    くるくるオリジナル・サーカスパフォーマンスショー
    ・空を飛びかうディアボロの技
    ・たらい回しの曲芸
    ・台所用品のジャグリングを使った猛獣ショー
    くるくる大学 パントマイム教室
    ・エスカレーターのパントマイムにチャレンジ!
    ピコピコハンマー飛ばし
    ・シーソーでハンマー飛ばし
    ・ピコピコハンマージャグリング~参加コーナー
    足長回遊
    ・足長おとこの登場!
    フィナーレ
    ・ロング一輪車ジャグリング

    ※上記は一例です。ご希望・編成に応じたプログラミングを致します。

    編成

    3名 ブルー(クラウンハット)/レッド(トッチ)/イエロー(かっちゃん)
    ※1名のみの余興的なものから、2名編成、4名編成もございます

    《くるくるシルク デラックス(4名編成)》

    プロフィール
    くるくるシルク

    フランスのヌーヴォ・シルクに魅せられ、2000年に結成。
    ヌーヴォ・シルクは、古典的なサーカスに演劇、ダンス、現代美術、音楽などの新しい表現を加えた、前衛的なサーカスとしてヨーロッパを中心に広がっています。日本ではカナダを拠点とするサーカス集団「シルク・ド・ソレイユ」が有名です。くるくるシルクは、サーカスを表現として、パントマイムやダンスで鍛えた肉体と表現力で、舞台公演や大道芸を行っています。普通のサーカスとはまた違い、パントマイムの表現により、観客がイメージを膨らませながら想像して見ることができるサーカスです。


  • 注目度No.1のマリンバ&パーカッショングループ

    Marimbaful


    マリンバ界のスター“塚越慎子”が率いるマリンバユニット

    音楽シーンで大注目を浴びているマリンバ奏者・塚越慎子をリーダーとする、音楽センスもビジュアルも抜群の女性4人組『マリンバフル』。クラシックからジャズ、ポップス、リトミックまで様々なフィールドで活躍する4人により結成されています。
    多彩なレパートリー、斬新で洗練されたアレンジ、小粋な演出、アクティブ&ユニークな演奏アプローチで、魅せて・聴かせる魅力的なコンサートです。彼女たちの親しみやすくも知性を感じるトーク、演奏に対する姿勢、振る舞いに加え、圧倒的なクオリティの高さを感じる演奏に、マリンバの魅力を最大限に堪能して頂けます。

    プログラム例
    剣の舞
    エリーゼのために
    歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲
    タイプライター
    アイスクリームスイートラグ
    愛の讃歌
    くまんばちの飛行
    トルコ行進曲
    ビートルズメドレー
    アラベスク第1番
    サーデューク
    埴生の宿
    チャルダッシュ

    他オリジナル等、レパートリー多数

    編成

    4名塚越慎子/山口真由子/小菅しほり/米重美文子

    プロフィール
    塚越慎子(Leader)
    Tsukagoshi Noriko

    パリ国際マリンバコンクール第1位をはじめ、ベルギー国際マリンバコンクール、世界マリンバコンクールなど国内外のコンクールにて数々の賞を受賞して、現在最も注目を集めるマリンバ奏者。
    国立音楽大学を首席で卒業。同時に「武岡賞」受賞。また、最優秀生として皇居内桃華楽堂にて御前演奏を行う。
    これまでに、第8回 日本クラシック音楽コンクール打楽器部門第1位(1998年)、第2回 国際マリンバコンクール(ベルギー)第2位(2004年)、第4回 世界マリンバコンクール(上海)にて「The Talent Award」(2005年)、第22回 日本打楽器協会新人演奏会にてグランプリ(2006年)、第2回 パリ国際マリンバコンクール(フランス)第1位(2006年)を受賞。
    2011年、ソニー・ミュージックダイレクトより、デビューCD「DEAR MARIMBA」をリリース。
    「レコード芸術」誌で特選盤に選ばれる。2013年待望のセカンドアルバム「Passion」をリリース。2012年第22回出光音楽賞受賞。


    Marimbaful

    音楽シーンで大注目を浴びているマリンバ奏者・塚越慎子をリーダーとする、音楽センスもビジュアルも抜群の女性4人組『マリンバフル』。
    クラシックからジャズ、ポップス、リトミックまで様々なフィールドで活躍する4人により結成され、マリンバの魅力を最大限に活かした、見ても聴いても楽しいアレンジで、コンサートからアウトリーチ活動まで幅広い活動を行っている。