HOME>一般公演向け企画>ジャズ/ラテン

ジャズ×クラシック

  • いま大注目の2アーティストによる、ジャズ×クラのハイブリッド

    m_unit×Marimbaful


    弦とピアノとマリンバで聴く、ジャズ&クラシック

    ジャズ作曲家「挾間美帆」率いる弦楽ユニット【エム・ユニット】と、マリンビスト「塚越慎子」率いるマリンバユニット【マリンバフル】による、ハイクオリティなジョイントコンサート。
    挾間、塚越ともにメディア出演も多く、TVや雑誌で特集が組まれるなど、いま大注目のアーティスト。
    話題性抜群です!テーマは“ジャズとクラシックの融合”。プログラムは、 ジャズスタンダードはもちろん、映画音楽、ビートルズ作品、挾間美帆によるクラシックジャズアレンジ、オリジナル作品まで多岐にわたり、クラシックファンにも、ジャズファンにも楽しんでいただける内容です。

    プログラム例
    くまんばちの飛行
    I Got Rhythm
    スペイン
    情熱大陸のテーマ
    モーツァルトmeets JAZZ

    ほか

    編成

    【m_unit】
    弦楽器・ピアノ5名

    【Marimbaful】
    打楽器4名

    ※それぞれのグループの単体公演も可能です。

    プロフィール
    挾間美帆 Hazama Miho

    1986年生まれ。国立音楽大学(クラシック作曲専攻)在学中より作編曲活動を行ない、これまでに山下洋輔、モルゴーア・クァルテット、東京フィルハーモニー交響楽団、シエナ・ウインド・オーケストラ、ヤマハ吹奏楽団、NHKドラマ「ランチのアッコちゃん」、大西順子、須川展也などに作曲作品を提供。また、坂本龍一、鷺巣詩郎、グラミー賞受賞音楽家であるヴィンス・メンドーサ、メトロポールオーケストラ、NHK「歌謡チャリティコンサート」など多岐にわたり編曲作品を提供する。そして、テレビ朝日系「題名のない音楽会」出演や、ニューヨーク・ジャズハーモニックのアシスタント・アーティスティック・ディレクター就任など、国内外を問わず幅広く活動している。
    2012年、マンハッタン音楽院大学院(ジャズ作曲専攻)への留学を経て、メジャーデビュー・アルバム『ジャーニー・トゥ・ジャーニー』(ユニバーサル)リリースによりジャズ作曲家として世界デビューを果たす。このアルバムは『ジャズ・ジャパン』誌年間アルバム大賞(新人賞)を受賞。2015年に2枚目のアルバム『タイム・リヴァー』(ユニバーサル)をリリース。2016年には米ダウンビート誌の「未来を担う25人のジャズアーティスト」にアジア人でただ一人選出されるなど高い評価を得ている。 2011年、ASCAPヤングジャズコンポーザーアワード受賞。2011年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。2014年、第24回出光音楽賞を受賞。2015年、BMIチャーリー・パーカー・ジャズ作曲賞受賞。


    塚越慎子 Tsukagoshi Noriko

    パリ国際マリンバコンクール第1位をはじめ、ベルギー国際マリンバコンクール、世界マリンバコンクールなど国内外のコンクールにて数々の賞を受賞して、現在最も注目を集めるマリンバ奏者の一人。国立音楽大学を首席で卒業。同時に「武岡賞」受賞。また、最優秀生として皇居内桃華楽堂にて御前演奏を行う。これまでに、第8回 日本クラシック音楽コンクール打楽器部門第1位(1998年)、第2回 国際マリンバコンクール(ベルギー)第2位(2004年)、第4回 世界マリンバコンクール(上海)にて「The Talent Award」(2005年)、第2回 パリ国際マリンバコンクール(フランス)第1位(2006年)等を受賞。ソロ活動の他、東京フィルハーモニー交響楽団、宮崎国際音楽祭祝祭管弦楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団ほかと共演し、高い評価を得ている。ソロリサイタル、オーケストラとの共演、アンサンブル、アウトリーチ活動等に加え、NHK「ららら♪クラシック」、NHK-BS「クラシック倶楽部」、NHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」、「きらクラ!」、「リサイタル・ノヴァ」、テレビ朝日系列「関ジャニの仕分け∞ 2時間スペシャル」、「題名のない音楽会」等、テレビ・ラジオ、雑誌のメディアへ多数出演するなど、幅広い活動を行っている。デビューCD「DEAR MARIMBA」は、レコード芸術誌で特選盤に選ばれる。最新盤はオクタヴィアレコードよりリリースした「Passion」。このアルバムはジャズ・ピアノの巨匠、山下洋輔から絶賛される。2012年、出光音楽賞受賞。女性4人組マリンバ・アンサンブル“マリンバフル”でも活動中。国立音楽大学、洗足学園音楽大学非常勤講師。米・Innovative Percussion契約アーティスト。


    m_unit (エム・ユニット)

    クラシック界はもとより、ジャズ界においても大注目を集めている挾間美帆が率いるユニット。
    挾間のピアノと弦楽器による演奏で、挾間の才能をたっぷりと堪能して頂けます。
    「題名のない音楽会」出演の際にオーケストラと共に演奏し絶賛を浴びた曲、Space in Senses をはじめ、お馴染みのクラシックの曲を挾間の斬新なアレンジでお聴き頂くプログラム。
    耳に心地よいサウンドで、クラシックファンもジャズファンも満足できる内容です。


    Marimbaful(マリンバフル)

    音楽シーンで大注目を浴びているマリンバ奏者・塚越慎子をリーダーとする、音楽センスもビジュアルも抜群の女性4人組『マリンバフル』。
    クラシックからジャズ、ポップス、リトミックまで様々なフィールドで活躍する4人により結成され、マリンバの魅力を最大限に生かした見ても聴いても楽しいアレンジで、コンサートからアウトリーチ活動まで幅広い活動を行っている。


  • 日本のタップダンス界をリードする宇川彩子プロデュース

    宇川彩子 COLORS of TAP


    鳥肌が立つ、タップダンスの概念を覆される感動!

    ジャズタップの分野で最先端を走り続ける、宇川彩子(うかわあやこ)プロデュースで、タップダンスとそれを活かす楽器編成のバンドによる公演です。
    つま先、かかとなど、足全体の駆使だけにとどまらず、全身を使ってリズムを表現する『タップダンス』。
    帽子やステッキと共に軽やかに踊っていた時代から大きな進化を遂げ、今日ではハードな全身運動と言っても過言ではない、まさに芸術の域に達した身体表現にまで発展しています。4人のトップダンサーのテクニックが集結した圧倒的迫力の群舞、ハイセンスなアドリブソロ、バンドとのリズムバトル
    興奮最高潮、とにかくかっこいい、他にはないステージを「タップリ」と堪能してください。

    プログラム曲目例

    枯葉/オー・シャンゼリゼ/タップダンス・アカペラ/リベルタンゴ/スペイン/Skindo-le-le/LOVE/
    マシュケナダ/アレグリブルース/

    ♪ジャズを中心としたバンド演奏にのって、ダンサーが踊るスタイルをベースに、
    タップアカペラ、バンドのみ、ヴォーカル入りなど、バラエティに富んだ内容です。

    編成

    9名 タップダンサー4 スティールパン1 ラテンパーカッション1
    鍵盤アコーディオン1 ギター&ヴォーカル1 ボタンアコーディオン1

    プロフィール
    宇川彩子 Ukawa Ayako

    10歳からタップを始める。TAPの巨匠、Dr.Jimmy Slydeとの共演で彼のTapに魅了され、Improvisation Tap(Jazzとの即興演奏)を始めジャズ界へ。
    2000年、”The TAP” でCDデビュー。 2003年、ライブDVD&CDを発売。日野皓正、日野元彦、山本剛、本田竹広、鈴木良雄ら、日本を代表するジャズミュージシャンと共演。
    2003年からは、より広い音楽活動を展開。 現在4つの音楽ユニットを手掛ける。
    2006年より、パリ在住のSarah Petronio女史に師事。年に一度はパリを訪れ、2009年には、女史と共にバルセロナタップフェスティバルに出演。活躍の場を世界へと広げている。
    2010年4月、日本のタップジャムセッションの草分け、PENSACOLA TAP JAMから、CD ”TAP DANCE STANDARD” を発売。また、JAM TAP DANCE COMPANの公演では、振付、演出を手掛けるなど、様々な分野で活躍中。


  • ピアノとマリンバで聴くクラシック&ジャズ

    Jazz Strikes -ジャズ・ストライクス-


    華やかな女性の“最高のコンビ”で鍵盤音楽を聴く

    どこかで聴いたクラシックの名曲をおしゃれに、そして手短にジャズ風アレンジ。
    ノリよく、かっこいい、グル―ヴ感に溢れた音楽で、とても聴きやすい公演です。
    出演は、並外れた才能を持つピアニスト「佐久間あすか」と、ハイレベルなマリンビスト「塚越慎子」率いるマリンバ・アンサンブル「Marimbaful(マリンバフル)」で構成される、その名も「Jazz Strikes」。
    マリンバとピアノが互いのダイナミックなサウンド&パフォーマンスとアドリブを戦わせます。同じ鍵盤楽器同士、相性もバッチリ!
    各々のソロ、マリンバアンサンブル、全員合奏など、いろいろな角度から「鍵盤」の世界にせまる、変化に富んだステージです。

    ジョイント曲目例
    ラプソディ・イン・ブルー
    革命のエチュード
    剣の舞
    展覧会の絵
    エリーゼのために
    編成

    5名 佐久間あすか(ピアノ) Marimbaful4(マリンバ&パーカッション)

    プロフィール
    佐久間あすか Sakuma Asuka

    幼いころからクラシックピアニストとして国際的な舞台で活躍。18歳でジャズの世界へのめりこみ、クラシックの名曲に独創的なアレンジを施した曲を次々に発表し、楽譜も出版、大きな反響を呼んでいます。

    ♪クラシックの経歴(ほんの一部)
    プレミオモーツァルト国際コンクール最年少で第3位 及び プレミオモーツァルト賞受賞 (7歳)
    14歳でソロリサイタルを開催
    第29回ピティナ・ピアノコンペティショングランミューズ部門A1カテゴリー全国大会第1位 (23歳)
    ♪ツアーサポート
    相川七瀬(2009年~)
    野口五郎(2012年~)
    ♪共演・アレンジ提供
    古澤巌(ジャズヴァイオリン)
    桑山哲也(アコーディオン)
    古川展生(東京都交響楽団首席チェロ)
    高嶋ちさ子と12人のヴァイオリニスト
    NHK交響楽団メンバー など



    塚越慎子 Tsukagoshi Noriko

    数々の世界的マリンバコンクールの覇者であり、NHK交響楽団名誉音楽監督シャルル・デュトワ氏からも大絶賛を受けた、若手トップのマリンバ奏者。
    色彩感あふれるセンスよい演奏とクラシック、ジャズ、ラテン、ポップスまで、オールジャンルの音楽をこなせる、日本人離れしたリズム感を持つ。2013年、セカンドCDアルバム「PASSION」をリリース。



    Marimbaful マリンバフル

    音楽シーンで大注目を浴びているマリンバ奏者・塚越慎子をリーダーとする、音楽センスもビジュアルも抜群の女性4人組『マリンバフル』。
    クラシックからジャズ、ポップス、リトミックまで様々なフィールドで活躍する4人により結成され、マリンバの魅力を最大限に生かした見ても聴いても楽しいアレンジで、コンサートからアウトリーチ活動まで幅広い活動を行っている。


  • 異世界で活躍する二人が織りなす魅惑の音紀行

    藤原道山×SINSKE


    尺八とマリンバによる世界最小オーケストラ

    「尺八とマリンバだけで、オーケストラのような多彩な響きを生み出せるはず」。二人のそんな思いからスタートしたコンサート。“世界最小編成オーケストラ”として話題を呼び、毎年異なるテーマを設けた各地でのコンサート、同テーマで販売する会場限定CDは完売続出。
    2016年にはデュオ活動開始5周年を記念したベストアルバム「Fifth anniverSary iiiii」をリリース。欧州を含む国内外20公演のツアーを開催し成功を収めています。
    2017年は日本固有の ” 四季 ” をテーマに、クラシック「四季(ヴィヴァルディ)」をはじめ、日本唱歌やポップスなど様々なジャンルにとらわれない名曲の数々に、新作オリジナル楽曲を交えて展開。勢いの止まらない二人のユニットにぜひご注目ください!

    演奏曲目例
    BOLERO for Duo
    荒城の月
    Jupiter
    展覧会の絵
    スターウォーズのテーマ
    組曲「風神×雷神」
    東風
    月夜浮遊
    ほか
    編成

    2名藤原道山(尺八)
    SINSKE(マリンバ)

    プロフィール
    藤原道山 (ふじわら どうざん)

    国内外問わずさまざまなアーティスト・オーケストラ等との共演を行う。
    これまでに冨田勲、坂本龍一、ケニー・G、野村萬斎、ウィーンフィルなど各界の頂点を極めているアーティストと共演。また松竹映画、木村拓哉主演『武士の一分』にゲスト・ミュージシャンとして音楽に参加。
    「敦」(中島敦原作/野村萬斎演出)、「ろくでなし啄木」(三谷幸喜演出)、「スーパー歌舞伎II」(四代市川猿之助主演)など舞台音楽、テレビ番組のテーマ曲、ドラマやCM音楽、ラジオのパーソナリティなど活動の幅を広げている。都山流尺八楽会大師範。


    SINSKE (しんすけ)

    桐朋学園大学音楽学部打楽器科、ベルギーのブリュッセル、アントワープ両王立音楽院の各打楽器科を首席で卒業する。
    ベルギー放送交響楽団等、オーケストラと協奏曲をソリストとして共演する他、「第3回世界マリンバコンクール(ドイツ)」にて第2位受賞をはじめ、他にも数々のコンクールに入賞。tv asahi系列「題名のない音楽会」等のテレビ番組をはじめ、新聞、ラジオ、雑誌など各メディアにもたびたび取り上げられ、ジャズ、ポップス、クラシック、現代音楽、舞台音楽など幅広いフィールドにおいて、多彩なプロジェクトをプロデュースし全国で好評を博している。